荷造りの他にも必要な手続きがある

引越しを考えているときは、引っ越し予定日の少なくとも2か月前には準備を始めなければなりません。
部屋探しが終わったなら、まずやることは見積もりと荷造りの準備です。
旅行の準備感覚で直前に荷造りを始めてしまうと、前日徹夜しても間に合わないほど終わりません。
梱包に使う道具の手配も含めて、この時から計画的に始めましょう。
マンションやアパートに住んでいる人なら、退去手続きをこの時期に済ませます。
転校手続きなどもこの時期です。

 

2週間前くらいになったら、水道光熱費や新聞、NHKなど公共料金の清算をすべて済ませます。
新居にも頻繁に出入りして、掃除などをしながら家具の配置を考えます。
ベッドなどは、しっかり寸法を測らないと当日置いてみたら入らなかったということになってしまいます。
引越し直前になったら、ご近所さんへ挨拶をして、住所登録している機関すべてで住所変更の手続きをします。
引っ越してから住所変更をすると、いくつかの郵便物は間に合わずに旧居に送られてしまいます。
役所に住所転出届を出すのも忘れてはいけません。
荷造りはそろそろ終わっていたほうがいいです。
当日は、業者さんが一通りの作業をしてくれます。
引越しは大変な作業なので、効率よく進められるといいですね。

 

引越し 宅急便