10万キロオーバーのオンボロ車

事故車や過走行車の場合は買取が出来ないのではないか?と思われている人もいるでしょう。

 

実際はそうでもありません。もちろん跡形もなく壊れたような車は無理ですが、治せる状態であっる場合は直したり、それ以外は部品取りとして使い、部品は修理などで使われるものもあります。

 

事故をしたり、思わぬ災害から、修理をしないといけない車もありますので、そうした場合には、安く中古パーツで済ませたい人も多いです。そのよう部品に使われていきます。

 

過走行の車でも、エンジンの状態が良かったり、走行可能であれば買い取りはします。

 

しかしながら過走行でない車に比べると金額が落ちてしまうのは仕方ない事です。

 

希少価値の高い車ですと、過走行であっても、その希少価値から思わぬ値段が出る事もあります。

 

エンジンが不調であったり、走行が難しいような車の場合は、部品取り車として使われるケースもありますね。

 

また輸出の場合は、日本では10万キロを超えると価値がないと言われていますが、海外では、日本車は壊れにくいというイメージもありますし、日本以上に移動距離が長い場合もありますので、輸出用として買取をする場合があります。

 

最近では、中古車の輸出も珍しくはありません。車種によっては輸出向けとして買取を目的にしてる車もあります。

 

SUVやワンボックスのタイプは特に好まれる形でもありますね。

 

未舗装地域では特に活躍する車です。

 

事故車や過走行であってもまずは査定をお願いすると良いでしょう。