軽自動車部門らしくなったダイハツ

軽自動車をおもに作っている自動車メーカーにスズキとダイハツがありますが、圧倒的な資金力を持つのがダイハツです。

 

ダイハツはあの売上世界一の自動車メーカー、トヨタ自動車のいるトヨタグループに含められる企業なのです。

 

なぜトヨタがダイハツを子会社化したか、それはトヨタに軽自動車を作る技術や生産ラインがなかったからです。

 

いうなれば、トヨタ自動車の軽自動車部門としての役割があるのですが、それでもちょっと前までは旧ダイハツから受け継がれてきた独自性のある車を作っていました。

 

しかし、ここ最近は上層部がトヨタの影響を強く受けているのか、その独自性が全くなくなりトヨタらしい無難で普通の車を販売戦略だけでたくさん売るという形になったのです。

 

これも子会社である以上仕方がないことなのですが、ここ最近のダイハツ車が全く面白くないのはこのせいなのです。

 

資金力はあっても思い切ったことできない、これは正にトヨタの軽自動車部門としての役目が強くなってきたという事になると思います。

 

これからは「ダイハツ」ではなく「トヨタ・ダイハツ」と呼んだ方がいいのかもしれません。

 

軽自動車 売却