軽自動車のオープンスポーツモデル

トヨタの管理下に置かれ、思い切ったことができないダイハツですが、2014年にちょっと変わった車がダイハツから売られるようになります。

 

それは一時期、スズキ・ホンダ・ダイハツで競い合っていた軽オープンスポーツです。

 

ダイハツにはコペンという軽オープンスポーツモデルが過去にあり、それの後継車種という形で販売されるのですが、噂されていた2気筒エンジンは見送りで、ムーブやタントに搭載されている3気筒ターボエンジンが与えられるようです。

 

シャーシは商用車のシャーシを改良したもので、基本的な部分はトヨタの意向に沿った「使い回し」で構成されるようです。

 

面白いのがボディパネルを簡単に交換できることで、服を着替えるように外観を変えることができるそうです。

 

ただこの機能が、保安基準上どこまで使えるかが問題で、過去にあった日産エクサの二の舞にならなければいいがと思ってしまいます。

 

トヨタの監視下でよくここまでできたなぁ・・・と思う一方、スポーツモデルの動向をダイハツを使って調べるという考え方もあるようで相変わらずトヨタのやり方には良い意味で驚きを隠せません。