万が一に備えて盗難・車上荒らしの補償を

自動車は事故に遭った場合以外に、盗難などに遭った場合にも保険で補償されます。

 

車両保険には、「オールリスクタイプ」と「エコノミータイプ」あります。どちらも車両の盗難が保障の対象になります。

 

エコノミータイプのほうは、単独事故などが対象外になるので、オールリスクタイプに比べて保険料が安いです。

 

安いからといっても、盗難を含め車上荒らしや災害による損害も補償してくれるので、不十分な保険というわけではありません。

 

保険料を抑えい人にはお勧めの保険プランです。

 

盗難の保障というのは、車両自体の盗難だけに限りません。

 

例えば、盗難するために窓ガラスが割られてしまったり、鍵穴が壊されてしまったりした場合でも保障されます。

 

ただし、保険会社によって異なりますが、色々規約があります。

 

盗難届を出してから数日以内に盗難車両が発見されると、保険金全額は受け取れないという規約はだいたいの保険会社が定めています。

 

盗難に近いもので車上荒らしも保障されますが、ちょっと範囲は狭いかなって思います。

 

車に付属しているものが壊されたり盗まれたりした場合のみが対象です。

 

つまり、社内に置き忘れたお財布や携帯電話などに被害が出ても、それは対象になりません。

 

ちなみに、タイヤも対象外です。さすがにタイヤを持ってく人はいないでしょうが...。

 

保険での盗難・車上荒らしの保障はがっちりしたものではないので、しっかりセキュリティ管理をしておきましょう。