ロードサービスはJAFか自動車保険か?

運転していた車がが走行中に突然故障したとき、自分ではどうすることもできません。
だいたいの場合はレッカー車などを呼ぶことになると思います。
そんな時に、ロードサービスに加入していないと高額な料金がかかってしまいます。
どんな状況で車が動けなくなっているかによりますが、2万から5万ほどかかるらしいです。
時間が深夜だったり、車が横転していたりすると高めの料金になります。
ロードサービスに入っていれば、保険によっていろいろ制限はありますが、無料でレッカーサービスを受けられます。
レッカー以外にも、バッテリー、鍵開け、パンク、ガス欠、脱輪などのトラブルにも対応してくれます。
ロードサービスの最大手は、JAFだと思います。
広告などで一番よく見かけるし、推奨している保険会社もたくさんあります。
車を運転するわけではないので他との違いはよくわかりませんが、やっぱりサービスが充実しているんだと思います。
ただ、JAFは入会金が2000円、年会費が4000円かかります。
他の大手ロードサービスには、JRSなど入会金が無料で年会費も安いものがあります。
ロードサービスはあくまでも走行中に事故を起こした場合への備えなので、事故を起こさない自信がある人は、わざわざ高額なサービスを選ぶ必要はないと思います。
でも、道路では一方的な事故なども起こるので、無加入のままでいるのはお勧めしません。